犬の散歩でやってはいけない7つのこと。【犬の散歩の注意点Best7】

注意、犬:ジョギング中に犬が愛着した場合の対処法

定期的に長時間ジョギングすると、体の状態だけでなく感情の状態も改善されます。ランニングは、特定の考えに集中したり、逆に頭をクリアして再起動したりするのに役立ちます。それでも、外の世界から完全に離れて警戒心を失うべきではありません。危険なのは、忙しいトレイルから遠く離れた場所でランナーを待つことです。

走っている犬との出会いは、甘やかされた気分、リズムの喪失、そしてそれから深刻な健康問題です。トレーニング中に攻撃的な犬が邪魔をした場合はどうすればよいですか?

注意、犬:ジョギング中に犬が愛着した場合の対処法

トラックよりも路上を走る方が良いのはなぜですか?コーチの意見

さらにパフォーマンスを改善するためのいくつかの練習

経験豊富なランナーからのヒント

衝突から身を守る最も簡単な方法犬と一緒に-アリーナまたは専門のスタジアムで走ります。しかし、同じ風景で円を描くのを好む人はほとんどいません。また、オープンスペースでの実行は、常に友好的ではない人の親友に会うリスクに関連付けられています。

注意、犬:ジョギング中に犬が愛着した場合の対処法

写真: istockphoto.com

この状況での普遍的な行動計画はありませんが、経験豊富なランナーは、動物との予定外の出会いによる悪影響を回避するのに役立つライフハックをいくつか知っています。

ルートを慎重に選択する

まず、ルートの計画を慎重に検討する必要があります。ペットの集団歩行の場所や、野良犬が住むことができる場所(鉄道駅、工業地帯、廃屋など)は避けることをお勧めします。自分で新しい領域で走る必要がある場合は、事前に地元の住民(理想的には実行しているコミュニティの代表者)に、最も安全なルートと、犬にぶつかる可能性が高い場所を尋ねることをお勧めします。

注意、犬:ジョギング中に犬が愛着した場合の対処法

できますが、注意してください。洗濯機でランニングシューズを台無しにしない方法

スポーツシューズを効率的かつ安全に洗うための5つの簡単なルール

所有者は安全を保証するものではありません

ペットの行動の責任は飼い主にありますが、飼い主の近くであっても、犬は危険である可能性があります。

多くの人々は、特に公園や屋外で、歩きながら動物を綱から外します。しかし、首輪の存在でさえ、犬が自由に壊れないわけではありません。したがって、犬を遠くから見る場合は、可能な限り大きな軌道に沿って走り回るのがよいでしょう。犬があなたに気づいていて攻撃的な態度を示している場合は、速度を落とすか、ステップを動かすことさえできます。

注意、犬:ジョギング中に犬が愛着した場合の対処法

写真:istockphoto.com

覚えておくべき主なことは、動物にとって走っている人は走者の吠える犬と同じ刺激物であることです。

道は長い道であることがわかりましたが、明らかに飼い犬であり、飼い主が近くに見えないので、立ち止まって待つ方が良いです。ほとんどの場合、所有者が表示され、状況を制御します。それ以外の場合は、急な動きをしないようにして、その場で固まらないようにすることが重要です。戦う犬は動いている人々を攻撃するように訓練されており、腕を振るのを攻撃的な行為と見なす可能性があります。

犬を挑発しないでください

野良犬との出会いが最大の問題です。野良犬は空腹で攻撃的であることが多く、主な危険は予測不能です。知らない孤児の動物のすぐ近くで走り続けないでください。たとえそれがあなたに目立った興味を示さない場合でも、それを知らなければ、攻撃するようにそれらを挑発することができます。 / div>

首都の中心部:秋の美しいジョギングコース

都市公園やモスクワのにぎやかな堤防から始めます。

犬が後ろにいるときだけステップして走り始めます彼女が吠えたがまだ気づいていない場合は、ルートを変更してランニングを続行できます。ただし、操縦時には、一歩踏み出す方がよいでしょう。

犬の恐怖を見せないでください

最悪の事態は、犬があなたの外見に反応して攻撃的に振る舞うときです。そのような状況では、ジョギングを忘れなければなりません。主なことは、落ち着いて、動物に対する恐怖を決して示さないことです。

注意、犬:ジョギング中に犬が愛着した場合の対処法

写真:istockphoto.com

逃げることは言うまでもなく、犬に背を向けないでください。犬とアイコンタクトを保ち、犬の行動を注意深く監視することが重要です。犬に向かって叫び、手を振って投げ、足にスタンプを押してください。動物が後退している場合は、悲鳴やスイングを止めることなく、ゆっくりと前に進みます。ほとんどの場合、この場合、犬はあなたを恐れているので吠えます。

最初に犬を攻撃しないでください

犬がニヤリとうなる場合は、犬があなたを認識していることを意味します攻撃の対象として。この場合、あなたは後退するべきです。動物の目をのぞき、叫び声で彼を追い払うのをやめずに、横に戻って動く方が良いです。攻撃者を脅かすために地面から棒や石を拾うことは害にはなりませんが、最初に犬を攻撃することはできません。犬が自分のものと考える領域を離れることは重要です。通常、これには約50メートルの距離が必要です。

注意、犬:ジョギング中に犬が愛着した場合の対処法

写真:istockphoto.com

攻撃を回避できなかった場合は、グループ化して顔と体を手で覆う必要があります。

ジョギング中に犬と衝突するときに役立つデバイス

攻撃的な犬との不愉快な出会いは誰にでも起こり得ます。経験豊富なランナーは特別な保護具を使用します。

コショウスプレーは効果的に機能しますが、動物と密接に接触する必要があります。犬に襲われた場合、あなたは単にしないというリスクがあります内容物をスプレーする時間があります。

もう1つの一般的なデバイスは、超音波リペラです。デバイスは高周波数範囲の音声信号を発信します。人間の耳には聞こえませんが、デバイスのきしみ音は動物にかなりの不快感を引き起こします。犬が逃げなければ、近づいて攻撃することは絶対にありません。

スタンガンを携帯することを勧める人もいます。ただし、この方法は人類とはかけ離れており、特別なトレーニングも必要になるため、極端な場合にのみ使用してください。

犬に襲われた時の対処法!

前の投稿 大きい方がいいですか?重量と担当者を決定する方法
次の投稿 Always Ready:どこでもエクササイズできる5つのエクササイズ