【1日1食】3ヶ月運動なしで17キロも痩せた美容健康法(仙人の場合w)

キューブを追いかける:毎日腹筋をするべきではない理由

腹部のクランチは、その単純さと効率のために、最も一般的な運動の1つです。定期的なトレーニングで結果が保証されます-あなたはただ辛抱強く練習する必要があります。しかし、多くの人が大切な立方体の外観のプロセスを高速化しようとしており、毎日プレスを集中的に圧送しています。
そのようなアプローチは、結果をより早く達成するのに本当に役立ちますか、それとも継続的なトレーニングが不快な結果につながる可能性がありますか?
毎日プレスを圧送するとどうなるかがわかります

キューブを追いかける:毎日腹筋をするべきではない理由

何を圧送するのですか?筋肉量を増やすための10の簡単な食品

食品は美味しくて効果的かもしれません。

なぜオーバートレーニングは危険ですか?

投与されます。トレーニング中、微小外傷は筋肉繊維に発生し、治癒するのに時間がかかります。筋肉量の増加が発生するのは、回復プロセス中です。マイクロトラウマの影響を克服するために必要な時間を筋肉に与えない場合、過度のトレーニングのリスクが高くなります。この状態は、細胞がストレスに適応する時間がなく、生化学的プロセスが中断され、免疫力が低下し、中枢神経系が過剰に緊張している場合に発生します。

過剰訓練は、クラスの有効性の低下、進行中の速度低下、または達成された指標からのロールバックにさえつながります。この状態でトレーニングを続けることは役に立たないだけでなく、体が慢性的な回復不足の背景に対して疲労を蓄積するため、健康にとって危険でもあります。

キューブを追いかける:毎日腹筋をするべきではない理由

写真:istockphoto.com

腹部の筋肉を回復するのにどのくらいの時間がかかりますか?

腹筋を毎日ポンプできるかどうか疑問に思うときは、どれだけかかるかを理解する必要があります受け取った負荷を吸収する筋肉。腹部の筋肉はサイズが小さいため、背中や脚の筋肉よりも回復にかかる時間が短いと広く信じられています。しかし、ほとんどの専門家はそのような信念を神話と呼んでいます。それは、新聞の生化学的組成が他の筋肉と何ら変わらないためです。さらに、腹部の筋肉は体の他の部分の多くの運動に関与しているため、それらの負荷が増加します。

キューブを追いかける:毎日腹筋をするべきではない理由

写真:istockphoto .com

平均して、運動後の筋肉の回復には48時間かかります。ただし、これらの指標は、ワークアウトの強度と期間に依存するため、どちらの場合も異なります。

キューブを追いかける:毎日腹筋をするべきではない理由

自宅で筋力トレーニングを行う方法は?筋肉を良好な状態に保つためのルール

複雑なフィットネスの探索。進行状況は彼らに依存します!

どのくらいの頻度で腹筋をトレーニングできますか?

  • プレス用の大きなウェイトを使用した筋力トレーニング週に2回、初期トレーニングと中間トレーニングを実施することをお勧めします。
  • 週に3〜4回、長期にわたる高耐久性トレーニングを行うことができます。
  • 腹部のエクササイズは、余分な体重と高い担当者なしでより頻繁に実行できますが、専門家は依然として3日ごとに筋肉を休めることを推奨しています。
キューブを追いかける:毎日腹筋をするべきではない理由

写真:istockphoto.com

したがって、完全な腹筋運動は価値がありません筋肉は受けた負荷を消化する時間がないため、週に4回より頻繁にそれを行い、望ましい結果への道は著しく複雑になります。標準的な朝のエクササイズ、プレスでのクランチ、腹部の筋肉への負荷はそれほど高くありませんが、これらのエクササイズは毎日行うべきではありません。腹部の筋肉には毎日、けが、疲労、筋肉の退行が見られます。

【囚人筋トレ】プリズナートレーニングをオススメしないシンプルな理由

前の投稿 あなたの進歩を妨げている20のフィットネスと栄養の神話
次の投稿 自宅で筋力トレーニングをするには?筋肉を引き締めるのに役立つルール