内臓脂肪を減らすダイエット食品5選 病気の予防に!

減量のための分別食品:効果的かどうか?

最先端の減量方法は数多くありますが、最も効果的な方法は最も簡単な方法です。頻繁に、しかし少しずつ食べることは、あなたの人生に導入する必要があるだけの非常に有用な食習慣です。結局のところ、分別栄養は、絶えず空腹感を感じずに食事を絶えず分解することに罪悪感を感じることなく、スリムになるためのシンプルで効果的な方法です。そして最も重要なこと-ライフスタイルの急激な変化なし。

空腹から脂肪が増える

...また、罪悪感を感じて外に出て、ケーキやチョコレートを買い、速い炭水化物で体をかき立てようとします。砂糖大さじ2杯

主なことを覚えておいてください:脂肪層には大量の毒素があります。あなたが空腹であるとき、あなたは体にすでに蓄えられた脂肪を食べさせます。その結果、毒素と毒素が血流に入り、すべての臓器系を汚染します。したがって、制御されていない空腹時(もちろん、医師の監督下でそれを行わない場合)は、さまざまな病気を悪化させる可能性があります。

自然減量

減量のための部分栄養の基本は、減量ですこの食事療法の原因は次の要因によるものです。

  • 休憩時間を短くすると、お腹がすくなくなります。これにより、過食のリスクがなくなります。
  • 食間に2時間以上経過した場合にのみ、脂肪がデポに蓄積され始めます。したがって、食事の合間が短いほど、そのような食事療法の効果が高まります。
  • 分数栄養は、身体を浄化し、代謝を改善します。これらすべてのプロセスは、自動的に減量と通常の体重の維持に貢献します。
  • 分割食は厳密な食事ではないため、通常の食生活に戻ってもすぐに減量に戻ることはありません。
減量のための分別食品:効果的かどうか?

写真:istockphoto.com

いくつかの便利なルール:

  • 最大の効果を得るために、この食事と激しい運動を組み合わせることをお勧めします。
  • 3つの主な食事は絶対にお見逃しなく。彼らはあなたの体に最大量のエネルギーを与えます。
  • 同時に食べるように身体を訓練することをお勧めします-自分自身を制御する方がはるかに簡単になります。
  • 毎日の食事に繊維が含まれていることを確認してください。
  • 18時以降に食事をしないという規則は、この食事療法には適用されません。ただし、就寝の少なくとも3時間前には食事をとることをお勧めします。
  • できるだけ水分をとる。

ヒント: 1日の5タイムメニューを準備する時間がどこにあるのかわからず、このプロセスを自分で組織するのが難しい場合は、既製の健康食品の配達サービスを使用してください。少し前まで、私たちは栄養をテストしました Let Be Fit から。さらに、ライトダイエット(1日あたり1000〜1100 Kcal)から抽出した資料で共有します。

オプションの試用版を使用することもできますメニューと1日の食事プログラム(990ルーブル)を注文してください。

1日5食の概算比

朝食=タンパク質+炭水化物

なぜですか理想的な朝食は、複雑な炭水化物とタンパク質が豊富である必要があります。炭水化物は速いエネルギーです:それらは集中的にカロリーに分解され、瞬時にエネルギーのバーストを私たちに提供します。一方、タンパク質はゆっくりとエネルギーを放出し、追加のリソースを提供します。

フィットメニューで:シャンピニオンとハーブのオムレツ
材料:牛乳2%、卵、キノコ、スパイス
カロリー: 264 Kcal-29.6タンパク質/ 11.2脂肪/ 11.4炭水化物

2番目の朝食=繊維+タンパク質

グリルチーズケーキとレーズン
成分: 2.5%ファームカッテージチーズ、レーズン、ステビア、ベーキングパウダー、卵
カロリー: 187Kcal-18.6タンパク質/ 3.9脂肪/ 19.5炭水化物

Nastya Tsymbarevich: 同僚と私は1週間Lightプログラムをテストしました。私の意見では、フードデリバリーサービスを使用することには否定できない利点がたくさんあります。夕方の調理時間を、愛する人や愛する人とのコミュニケーションに費やすことができます。また、就業中に急に飢えを感じた場合は、最寄りのスーパーマーケットで軽食を探しに出かけたり、同僚があなたと一緒に昼食をとるのを待つ必要はありません。さらに、1日5回の食事を変えることができると確信しました。これが主な利点です。個人的には、同じ料理や製品が食事に含まれているため、厳格な食事をとることが非常に難しい場合があります。

昼食=タンパク質+繊維+炭水化物

食事はバランスが取れている必要があります。たんぱく質、炭水化物、食物繊維のためのスペースが必要です。

鶏ササミと野菜のブルガーのミニケバブ
材料:鶏ササミ、大豆ソース、スパイス、野菜の盛り合わせ
カロリー: 245 Kcal-17.6タンパク質/ 7.3脂肪/ 27.2炭水化物

午後のスナック=軽い炭水化物負荷

ギリシャ風サラダ
材料:フェタチーズ、トマト、キュウリ、ピーマン、オリーブ、ドレッシング
カロリー: 194 Kcal-12.95タンパク質/ 4脂肪/ 26.75炭水化物

夕食=タンパク質。

タラ、野菜のレチョで焼いた
材料:タラ、野菜の盛り合わせ、コーンフラワー、スパイス、トマトソース
カロリー: 250 Kcal-29.8タンパク質/ 9脂肪/ 12.4炭水化物

1日5回の食事は、胃腸管に有益な影響を与えます。 1日5回の少量がすぐに消化され、吸収されて体から排泄されます。つまり、過剰な脂肪は含まれません。余計なポンドになる可能性はほとんどありません。おいしい、正しい、バランスのとれた食事を!覚えておいてください、あなたはあなたがあなたが食べるものです。

運動が食欲を安定させるメカニズム / 運動でお腹が空いてしまう人へのアドバイス。

前の投稿 月曜日の朝:5月のニュースとイベントカレンダー
次の投稿 スーパーガジェット:自宅で体組成を分析する方法?