【40代50代】毎日30秒逆腹筋でぽっこりお腹が立体的しなやか腹筋に驚き変化!(膝をついて「伸ばす」と「吸う」がポイント)

胸をポンピングする方法。胸の筋肉を刺激する3つのエクササイズ

胸筋は男性の胴体の重要な部分です。それらを強力でエンボス加工するには、ホールで作業する必要があります。プレミアムクラブのトレーナーワールドクラスレッドサイド アレクセイザカロフに、胸の筋肉を正しく効果的に鍛える方法を教えてもらいました。

胸をポンピングする方法。胸の筋肉を刺激する3つのエクササイズ

フィットネスルームで適切にトレーニングする方法。初心者向けの手順

結果を得るためにジムですべきこととすべきでないことについてのフィットネストレーナー。

筋肉のエクササイズ胸部

マシン内の着席プレス

胸部の最も基本的な運動はプレスです。ここではバリエーションが可能ですが、初心者の方はシミュレータで変更することをお勧めします。運動は、大胸筋、上腕三頭筋、前三角筋に負荷をかけます。

ベンチプレス運動では、肩甲骨は常に動きのある場所で一緒にしておく必要があります。胸筋の負荷を制御し、肩や上腕三頭筋を圧迫しないことが重要です。肩と身体の間の角度が80度、つまり直角よりわずかに小さいことを確認してください。 10〜12回繰り返します。

肩の内転

運動は通常、新しいシミュレーターのgifに示されているブロックで実行されます。この演習では、引っ張るときに腕を投げるのではなく、動きの振幅を監視することが重要です。 12〜15回繰り返します。

ダンベルを使用したベントオーバープレス

上部胸を動かすには、ベントオーバープレスが必要です。ダンベルプレスは、バーベルとは大きく異なり、各手を制御する必要があります。これはさらに、筋肉の調整と安定を訓練します。その際、手がスムーズに同期して動くことを確認し、最大振幅で動きを実行し、1本の線に沿ってそれらを導く必要があります。 10〜12回繰り返します。

【10分筋トレ】三角筋を引き締めると綺麗な腕ラインが作れる!?夏に向けて今からやる三角筋と上腕筋ピラティス

前の投稿 期待と現実。製品をオンラインで購入してみませんか?
次の投稿 何が悪いのですか。初心者がジムで犯す間違いトップ5