【あつ森】本当は教えたくない知っているだけで差がつく\

雨が降ったら外に出る方法。 5つの重要なヒント

ランニングは、最も一般的でアクセス可能な身体活動です。何百万人もの人々が毎日世界中でジョギングをしています。しかし、外で雨が降っている場合はどうでしょうか?これはあなたの実行を延期する理由ですか? SMストレッチフィットネススタジオチェーンのトレーナーと経験豊富なランナーウラジミールレペサに尋ねることにしました。

雨が降ったら外に出る方法。 5つの重要なヒント

テスト。正しく走っていますか?

ランナーの80%はいつもこれらの間違いを犯しています。

雨が降っていても走れますか

雨の中も走れます!この場合は、安全規則を守り、強風や雷雨の際に外出しないことをお勧めします。雨のトレーニングをできるだけ快適にするためのヒントをいくつか紹介します。

心が鍵です

これが最も重要なポイントです。あなたは雨の中を走っていても大丈夫だと信じる必要があります。これは興味深く、珍しいです。このワークアウトは、機能を再定義し、快適ゾーンを拡大するのに役立ちます。

天候に合わせたドレス

フード付きの防水ウインドブレーカーを着用してください。綿製品は避けてください。彼らはすぐに濡れて不快感を引き起こします。これらの気象条件に対応する特別なランニングシューズがない場合は、問題ありません。防湿性の靴磨きを購入しましょう。100%保護することはできませんが、足をドライに保つ可能性が大幅に高まります。新しいスニーカーを着用しないでください。濡れると、乾いた足よりも足をこすります。

濡れた場合

どんなに頑張っても、濡れる可能性が高くなります。そして、それは大丈夫です。体調を崩さないように、長時間停止しないでください。ウォームアップした体が過冷却することはありません。すぐにあなたの家に走るようにしてください。すぐに濡れた服を脱いで、温かいシャワー/入浴をしてください。これらの推奨事項に従えば、風邪をひくことはありません。

適切なルートを選択して注意してください

街を走っている場合は、注意して車を監視してください。雨はドライバーの視界を狭めるので、安全にプレーし、交差点で2、3台の車を通過させることをお勧めします。急加速や急停止をしないで、滑らないようにしてください。

レコードを設定しないでください

雨の中でランニングを最大限に絞ろうとしないでください。時間と距離を制限することで、警戒心を保ち、低体温症を防ぐことができます。

これら5つの簡単なヒントは、雨の中で適切に走り、悪天候によるワークアウトのスキップを防ぐのに役立ちます。

雨が降ったら外に出る方法。 5つの重要なヒント

今日の質問。ランニングは減量に役立ちますか?

ランニングは減量に効果的ですか?トレーナーが答えます

雨が降ったら外に出る方法。 5つの重要なヒント

ランニングシューズの選び方プレーンスニーカーはフィットしません

どんなスニーカーを履くべきか、そして適切なトレーニングシューズを選ぶことが重要である理由

雨が降ったら外に出る方法。 5つの重要なヒント

順調に走っています。ランニングを開始し、35 kgを減らしてアイアンマンになる方法

イヴァンセレブリャコフの物語。 30歳のときの体重は104 kg、35歳のときはウルトラマラソンをしていました。

【介護】怒りと付き合う3つの方法~イライラする前にご視聴を~

前の投稿 トップ新製品。都市に最適なランニングシューズ
次の投稿 新しい学年。あなたの子供を送るセクションは?