スケボー女子 ウォーキング、スイッチスタンス ロングボード

完全一致:ウォーキングスケートの選び方

冬の休暇中に最も人気のある娯楽はアイススケートです。さらに、すべての地区でいくつかのスケートリンクを見つけることができます。幸運なアイススケート場もいくつかあります。しかし、それでも自分のスケートを持っていない場合はどうでしょうか? 3か月に1回を超える頻度で自転車を借りるのは長い間不採算であり、小規模なサイトではまったくレンタルがありません。あなたはペアを買うことを考えなければなりません。ウォーキングスケートを選ぶときは、美しいだけでなく安全でもあることに注意してください。

完全一致:ウォーキングスケートの選び方

写真: istockphoto.com

この購入が必要かどうかまだ疑問がある場合:

  • レンタルスケートはあまり衛生的ではありません。レンタル在庫は訪問者ごとに処理されるとは限りません。
  • レンタルスケートは非常にぐらつくことが多く、ぐらつく可能性があります。
  • 年末年始はスキーの前後に列を作る必要があります。
  • 家の近くのアマチュアでいっぱいのスケートリンクで、自分のスケート場で無料でスケートできます。
完全一致:ウォーキングスケートの選び方

写真:istockphoto.com

定期的にアイススケートやアイスホッケースケートを購入しないでくださいスケート

ウォーキングスケートは、複雑な要素を学び、実行する予定がない人向けに設計されています。彼らのブレードはホッケーやカーリーのような形をしていることが多いですが、歯ははるかに短く、スケートの妨げにはなりません。

断熱スケートを選ぶ

スケートを1サイズ大きくすることはお勧めできません。それが非常に外傷性であるという理由だけで-ブーツはぶら下がり、足を十分に固定できない場合があります。屋外での乗車を計画している場合は、最初に断熱材付きのモデルを選択することをお勧めします。

ブーツの剛性を確認してください

これを行うには、ブーツを絞ってください。硬い肌は形を崩さず、柔らかい肌はしなやかです。アマチュアは2番目のオプションに注意を払う必要があります。

ブレードの素材に注意してください

ほとんどの場合、ウォーキングスケートのブレードはステンレス鋼のストリップです。しかし、この特性にもかかわらず、スケートはスケートの後に拭いて乾かす必要があることを覚えておく価値があります。金属を詳しく見てみましょう。高品質の素材はマットな色合いで、傷やしみはありません。高炭素鋼の方が高価ですが、これらのブレードは長持ちし、長持ちします。

完全一致:ウォーキングスケートの選び方

写真:istockphoto.com

解剖学的挿入を確認する

ウォーキングスケートの中には、解剖学的挿入を備えたモデルがあり、スケートをさらに快適にします。この素材のソールは、人間の足の特性を考慮して作成されており、氷上での滑りをより良く感じることができます。そして、例えば、解剖学的な舌は、下肢のより良い固定に貢献し、靴紐の圧力を和らげます。

主なものはスケート靴を選ぶときは、貯蓄だけでなく安全性についても考えてください。そうすれば、年末年始が台無しになることはありません。

【スライドボードを徹底解説】使い方・選び方・厳選エクササイズ17種を紹介します!

前の投稿 国の主なスケートリンク:モスクワでアイススケートをどこに行くか?
次の投稿 レコードを推測する:ギネスブックの最もアスレチックで絶望的なヒーロー