海外「日本ほど平等な国はない」 日本の教育システムに海外から絶賛の嵐

2018年のワールドカップで最も奇妙な都市:サランスクについて外国のファンが言うこと

もちろん、2018ワールドカップを主催するサランスクのメインイベントは、ポルトガル代表チームとイランの試合前夜に世界的に有名なサッカー選手クリスティアーノロナウドが到着したことです。

試合の前に、サッカー選手は休んで力をつけたかったのですが、ロナウドは成功しませんでした。彼が滞在していたホテルは、ファンとサポーターの群衆に囲まれていました。クリスティアーノは、ファンに放っておくようファンに依頼することさえしなければならなかった。

モルドヴィアの首都にクリスティアーノロナウドがいることは別として、市自体が外国のファンに好印象を与えた。

サランスクはとてもクールです。ペルーがワールドカップとモルドヴィアアリーナに戻るのはまだ信じられません。

不思議なことに、2018ワールドカップのゲストはサランスクでサッカーの雰囲気だけでなく、地元の建築物にも満足しています。

この大聖堂は、市内で最も美しい大聖堂です。色とスケールが好きでした。

しかし、一部のファンはモルドヴィアの首都を2018年のワールドカップの最も奇妙な開催都市と呼んでいます。ちなみに、ブラジル出身の彼らはブログを続けており、サランスクでの滞在について英語で詳しく語っています。

サッカーファンは、まったく異なる方法で試合に臨みます。たとえば、ポルトガル代表チームのファンが自分の輸送手段でサランスクに到着した-数日間、バンは地元のアトラクションになり、多数の観光客を魅了した。

地元の名所や建築物だけでなく、美食家も街のゲストを驚かせます。

どういうわけか、サランスクはFIFA承認のマックのみを販売するという指令を迂回しました。スタジアムの外には、美味しいハラールケバブを販売する素敵なフードコートがあります。サランスクに対する私の態度が良くなっています!。

ワールドカップで最も奇妙で最も驚くべき都市であるサランスクに到着しました。今日は沸騰の日であり、ポルトガルの前の雰囲気-イランの試合は激しく、気さくで陽気です。ファンはこの雰囲気を作り出し、メイン広場ではイランの音楽さえ聞こえました。

【海外の反応】コロンビア人が日本人女性を侮辱!政府や選手が謝罪するまでの騒ぎに!!

前の投稿 スポーツバーのテーブルを予約して、それを台無しにしない方法:5つのライフハック
次の投稿 ドイツの遺産の珍しい一瞥:カリーニングラードについての外国のファン