90年代に人気だった映画スターの現在の姿

過去のもの:80年代と90年代に彼らが着ていたもの

これで、スポーツウェアで通りに出ても、通行人の誰も驚かないでしょう。彼らのほとんどは、この形であなたがおそらくフィットネスセンターに行くとさえ考えません。スニーカー、レギンス、スウェットシャツ、スウェットシャツは、長い間毎日のスタイルの属性になっています。実際、前世紀にスポーツは専らプロのアスリートのビジネスと見なされなくなり、誰もが利用できるようになりました。これが現代のファッション業界にどのように影響したかです。

美しい体のカルト:フィットネスはどのようにして普遍的な趣味になりましたか?

20世紀半ばに、人々は自分の身体の形に興味を持ち始めました。その後、ボディービルへの関心、つまりボディービルへの関心が世界で生まれました。方向の人気が高まったため、筋力トレーニング用の最初のロッキングチェアが開き始め、その後、アーノルドシュワルツェネッガーと同じように、多くの男性がさまざまな筋肉グループで作業しました。

ただし、すべての女性がボディービルに専念し、地下ホール。したがって、筋力トレーニングと並行して、エアロビクスが発達しました。用語は初めてケネス・クーパー博士の唇からアメリカで1960年代に響きました。エアロビクスは、病気を予防し、良好な身体の形を維持するための一般的な運動として位置付けられています。

その可用性により、フィットネスの方向性が勢いを増し始めました。 70年代には通常の演習に音楽とダンスの動きが追加され、80年代にはトレーニングがテレビで放送され、ビデオテープで販売されるようになりました。エアロビクスは、ジュディシェパードミスセット、シェール、ヘザーロックリアなどのスターによって促進されました。そして、フィットネストレンドの最もよくわかる顔は女優のジェーンフォンダでした。

1990年までに、家庭用フィットネス全体がカルトトレンドになりました。毎朝、何千人もの女性がテレビ画面の前に立ち、コーチの動きを追っていました。最も人気のあるものの1つは、ジェイクスタインフェルドのBody by Jakeプログラムで、最小限の設備で効果的なエクササイズについて話しました。

過去のもの:80年代と90年代に彼らが着ていたもの

ギリシャ人のせいです:「ロッキングチェア」はどのように登場しましたか?

フィットネス業界の進化。ジム開発の3000年の歴史。

過去のもの:80年代と90年代に彼らが着ていたもの

リーボック:ネイル付きスニーカーからスポーツの世界の革新的なテクノロジーまで

約130年前、ジョセフフォスターはジョギングをしたいと思い、全世界を征服するブランドを作りました。

80年代に流行っていたものは何ですか?

ロッキングチェアで運動したり、自宅でフィットネスをしたりするには、特別なユニフォームが必要です。男性のボディービルダーは、一般的に、彼らの外見を気にせず、ショートパンツと裸の胴体で訓練された場合それからそれは婦人服で異なって判明した。エアロビクス、明るいレギンス、色付きの体操服とレオタードのために、多色のウインドブレーカーとオリンピックが人気になっています。また、自宅トレーニングの全盛期には、サイクリングショーがブームになりました。

熱狂のせいでフィットネスブランドのアイテムであるナイキ、アディダス、リーボック、プーマはこれまで以上に需要が高まっています。彼らはスポーツだけでなく、より便利な通りに出かけました。そして冬のシーズンでは、自尊心のあるすべてのファッショニスタがふかふかのジャケットまたは本格的なスキースーツを着ました。何よりも、彼らは明るいモデルとシルバーのメタリックコーティングを愛していました。

世界クラスの星と公人は、スポーティーなスタイルを好み始めました。たとえば、知らない間にダイアナ妃は多くの英国人の間でフィットネストレンドへの愛を呼び起こしました。

そして、ポップの王者であるマイケルジャクソンとプロのフットボールプレーヤーであるジョーモンタナは、プーマ、LAギア、コンバースのハイトップスニーカーを80年代のファッションの定番にしてくれました。

暖かい季節には、サーフィンの服が路上に現れ始めました。服飾メーカーのQuiksilver、Gotcha、Maui&Sons、およびLightning Boltは、スポーツをアクティブで楽しく、気楽なライフスタイルとして宣伝しています。したがって、デザイナーはすぐにバイヤーの信頼を得ました。

過去のもの:80年代と90年代に彼らが着ていたもの

ダイアナ妃:王室のスポーティなスタイルに革命を起こす

プリンセスのスポーティなルックスは、ヘイリービーバーとの新しいパリ風の流行で繰り返されています。

過去のもの:80年代と90年代に彼らが着ていたもの

クイックシルバー:波に乗って50年。ビーチショップからグローバルブランドまで

彼らは最初のサーフィンショーツを作成し、アスリートアンバサダーに初めて署名し、映画の制作を始めました。

90年代にスポーツファッションはどのように変化しましたか?

新しい10年間で、スタイルトレンド全体が生まれ、現在はスポーツシックと呼ばれています。明るくタイトなレギンスは、その重要な要素と考えられています。彼らは大規模なスニーカー、Tシャツ、ドレスやスカートの下に着用されていました。また、90年代のファッショニスタは、クロップトップと腹部を露出するスポーツウェアを組み合わせ、できればへそに穴を開けます。男たちはジーンズとだぶだぶのスウェットシャツを好む

ボンバージャケットが広く知られるようになったのは、20世紀の最後の10年間でした。今では、カジュアルウェアだけでなく、高校生のクールなアメリカのティーンエイジャーの本当のシンボルにもなっています。誰もが、通常は女の子のチアリーダーと出会う、映画の同じサッカーチームのキャプテンが観客の前に現れたことを覚えていますか?

さらに、90年代には、世界中の環境の悪化について公衆が強く懸念していました。スポーツブランドとそのデザイナーは、環境への影響を最小限に抑えて衣類を製造し、使用済みの素材をリサイクルできる新しいソリューションを探し始めました。

過去のもの:80年代と90年代に彼らが着ていたもの

環境に優しい:スポーツブランドが環境に優しい方法と理由

古い靴で作られたトウモロコシの乗組員とバスケットボールコート-これは地球を救うのに役立ちますか?

不思議ではありません彼らは、時間の経過とともに、過去のトレンドが再びファッション業界に突入したと言います。 80年代と90年代にスポーツスタイルの支持者に人気があったほとんどすべてのものは、今や21世紀のバイヤーに新たな関心を集めています。爆撃機、スウェットシャツ、レギンス、スニーカー、スニーカー、環境に優しい素材で作られたスーツ-現代の街の路上で人々と出会うことがよくあります。カラフルなエアロビクススーツが忘却に陥っていることを除いて、おそらく数年後には店頭に戻るでしょう。

ニセモノ筋肉シンソール ドーピング?マッチョ?【筋トレ】

前の投稿 効果的な除去。在宅勤務の仕方
次の投稿 別のサッカー:数百万の手数料なしで、燃えるような目と将来の計画