ヨーグルトを食べてはいけない人とは?

毎日乳製品を食べると体はどうなりますか?

牛乳は最も健康的な食品の1つであるため、子供のころから牛乳への愛情が注ぎ込まれてきました。これについて議論するのは難しいですが、牛乳には体に良い影響を与える多くの成分が含まれています。しかし、毎日それを使用する価値はありますか?これの結果は何ですか?

毎日乳製品を食べると体はどうなりますか?

この方法で体重を減らさないでください。果物をたくさん食べられないのはなぜですか?

糖分のケーキと比較できないものもあります。

乳製品はなぜあなたに良いのですか?

製品は人間の健康に重要な役割を果たします。牛乳、ケフィア、カッテージチーズ-これらのすべての製品には、タンパク質やアミノ酸などの貴重な成分が含まれています。乳タンパク質は体によく吸収され、ホルモンや酵素の合成に参加します。牛乳に含まれる多くの微量元素は、甲状腺疾患から子供を守ります。カルシウムとリンは、骨組織と血液細胞をすばやく再生するのに役立ちます。乳糖は最高のエネルギー源の1つです。

毎日乳製品を食べると体はどうなりますか?

写真:istockphoto.com

さらに、牛乳には殺菌作用があり、有毒物質の身体への影響を軽減します。ただし、低温殺菌は蒸しほど健康的ではないことに注意してください。朝または夕方に牛乳を飲むことをお勧めします。他の食べ物と混ぜないでください。しかし、そこに蜂蜜やドライフルーツを追加できます。

ケフィアは、免疫システムを強化するのに役立ちます。腎臓と肝臓の問題と効果的に戦い、胃炎やアテローム性動脈硬化の予防にも役立ちます。睡眠障害にもお勧めです。1杯の発酵乳製品は不眠症に対処するのに役立ちます。

毎日乳製品を食べると体はどうなりますか?

1か月間拒否すると、体はどうなりますか乳製品から

実験には支持者と熱心な反対者の両方がいます。

ヨーグルトも乳製品に関連していますが、有益な特性を持つのはヨーグルト製品だけです。本物のヨーグルトは熱処理されていません。消化全般、特に消化管の正常化の両方に役立ちます。

乳製品にとって何が危険なのでしょうか?

乳製品を毎日大量に摂取している場合選択した製品(牛乳、ケフィア、カッテージチーズなど)に関係なく、数量には、消化の問題-膨満、けいれんなどのリスクがあります。体は、乳が非常に豊富な大量の乳糖を吸収できません。

毎日乳製品を食べると体はどうなりますか?

写真:istockphoto.com

皮膚に有害

このトピックについては長い討論がありましたが、専門家たちは依然として合意に達しました-ケフィア、発酵ベークミルク、さらにはカッテージチーズさえも過剰に使用すると、湿疹、にきびなどの皮膚疾患が発生します。

スプソ体重増加

牛乳にはさまざまな成分が含まれています。それらのいくつかはカロリーが高いです。したがって、大量の食物を消費すると、体重が過剰になることがよくあります。筋肉量を増やすための10の簡単な食品

食品は美味しくて効果的です

心血管疾患のリスクを高めます

牛乳の過剰摂取によるもう1つの深刻な結果は、心血管疾患のリスクの増加です。この場合、私たちは乳製品についてのみ話しているのであって、乳製品全般についてではありません。ただし、適度に飲んでも問題はありません。

興味深いことに、チーズなどの他の乳製品は、逆に心臓病のリスクを減らします。

毎日乳製品を食べると体はどうなりますか?

写真:istockphoto.com

不寛容とアレルギー

一般に、牛乳はかなりアレルギー性の製品であり、一部の人々には禁忌です。ほとんどの場合、乳糖不耐症または複雑なタンパク質カゼインに対する過敏症を伴うアレルギー患者です。

乳糖不耐症は、体が牛乳を分解するのに十分な酵素を産生しない場合に発生します。しかし、これはほとんどの場合、牛乳にのみ当てはまります。原則として、発酵乳製品の使用には問題はありません。

毎日乳製品を食べると体はどうなりますか?

写真:istockphoto.com

しかし、牛乳アレルギーは別の方法で現れます。皮膚の問題、嘔吐、胃の痛みを引き起こす可能性があります。同時に、多くの人は、そのような症状が牛乳に対するアレルギーの結果であるとさえ疑っていません。明らかな理由もなく鼻水が頻繁にある場合、またはにきびに苦しんでいる場合は、医師に相談してください。おそらく、その理由は牛乳の消費によるものです。

毎日乳製品を食べると体はどうなりますか?

ビタミンの最小:なしでは私たちができない重要な物質

パンデミックから身体が回復し、秋のシーズンに備えます。

ただし、急いで乳製品を食事から完全に排除しないでください。 栄養士Oksana Lishchenko が指摘したように、牛乳を拒否することもマイナスの結果をもたらします。特に、免疫システムを弱めます。発酵乳製品に含まれるプロバイオティクス細菌は、体の自然な防御力を高めます。さらに、プロバイオティクスは活発な腸の蠕動運動の原因です。したがって、それらを完全に放棄すると、代謝が遅くなり、過剰な体重の増加につながります。また、動物由来の牛乳には、カルシウムの吸収に影響を与えるビタミンDが含まれています。次に、この微量元素が不足すると、骨がもろくなり、骨折や怪我のリスクが高まります。

肉食や牛乳や乳製品を止めた結果が凄い。体が軽い目覚めが良い汗臭くない

前の投稿 スーパーブレックファースト:1日の始まりにカバーガールが食べるもの
次の投稿 珍しい病気:チップとパンだけを10年間食べた少女はどのように見えるか